• ホーム
  • ヘルペス治療薬「ゾビラックス」、発症初期に高い効果が見込めます

ヘルペス治療薬「ゾビラックス」、発症初期に高い効果が見込めます

男性を診ている医者

ゾビラックスはヘルペスに対する有効性が高い治療薬であり、これを用いれば症状を改善したり、再発を防止したりすることができます。特に発症初期に高い治療効果を発揮してくれるので、ヘルペスになってしまったことが分かったときには、早急にゾビラックスを使うことがおすすめです。詳しい特徴について理解しておくことで、いざというときには素早く治療を開始することができるようにしておきましょう。

ヘルペスにゾビラックスがなぜこれが効果的なのかと説明すると、この治療薬に含まれるアシクロビルという成分が原因ウイルスの活動を停止させる効果があるからです。具体的に説明すると、ウイルスに感染した細胞内へアシクロビルが取り込まれると、ウイルスDNA鎖の伸長を停止することができ、これによってウイルスはDNA複製をすることができなくなります。DNA複製ができないウイルスは活動を中止せざるを得ない状態になるので、これまでの活動を停止して神経節などに潜伏するようになるというわけです。ヘルペスウイルスは体内から完全に追い出すことができないものですが、ゾビラックスを服用すれば活動を停止させて身体に起こっていた症状をなくしていくことができます。

厄介な症状を引き起こすヘルペスは体内でウイルスがどんどん増殖してしまうので、発症初期に使用することでウイルスの増殖が少ない段階で治療が開始できるでしょう。ウイルスが少ない状態のほうが簡単に治療できる傾向があるので、発症初期に服用するほうが高い治療効果が見込めると知っておいてください。症状が悪化してからでは発症初期に用いるよりも治療期間が長くなってしまう可能性がたかいので、なるべく早く服用することを心がけなければなりません。

高い効果を発揮するためには用法用量も正しく知っておくことが大切であり、大人が服用するときは1回につき有効成分であるアシクロビルが200mg摂取できるように1日5回摂取します。ただし、年齢や症状、体重によって用法用量が異なることを知っておかなければならず、子供が服用するときは体重によって服用量が増減するので、医師に処方してもらった治療薬を正しく服用しなければならないと知っておきましょう。個人輸入通販などで手に入れたゾビラックスを大人と同じように服用すれば副作用を起こしかねないので、特に子供は医師から指導を受けて服用することが大切です。

ヘルペスの治療に効果的なゾビラックスは、症状が悪化していない発症初期の段階で服用すればかなり高い治療効果が期待できます。もちろん悪化してからでも症状を改善することができますが、早い段階で使用したほうが早く治ることを知っておきましょう。とても有効性が高い治療薬なので、ヘルペスに感染したときはゾビラックスの利用を検討してみてください。